【終了/レコード部主催イベント】Play it again ~レコードをもう一度楽しもう~

いまや音楽は何時でも、どこでも気軽に楽しめるものになった。反面、無意識で何かをしながら背景として流れている ”音” になってしまっていないだろうか?
音楽としての魅力や、存在を大切にする、そんなことを改めて考えさせてくれるのは、アナログレコードに針を落とし、じっくりと曲と向き合う瞬間だったりする。
昨今、アナログレコードの人気が再燃しているというニュースを多くのメディアが伝えているが、音楽を “共有” する事の大切さを音楽ファン自身が伝え、いまいちど楽しまなければ “レコード” は一過性のブームで終わってしまうのではないか…
そんな想像が杞憂となるよう、街の音楽のあり方を変えていく人々のための緩やかなコミニティ・プラットフォーム「レコード部」が、もう一度レコードを楽しみながら考える日を企画しました。
*

<イベント概要>

BUKATSUDOと同じ横浜市内、鶴見区にある日本で唯一のアナログレコード製造工場【東洋化成株式会社】の企画した11月3日の「レコードの日」( http://レコードの日.jp/ ) に、BUKATSUDOに音楽を “もう一度” 楽しむコンテンツを「レコード部」が集めます。

*

・「はじめてのレコード」

2016.11.03のみ(参加無料)@レコード部 部室

ゆっくりじっくり、ていねいに音楽を聴いてみませんか?
興味はあるけど、分かりにくいアナログレコードの世界。かんたんな「レコード」の扱い方/聞き方をBUKATSUDOレコード部の部員が案内します。
ご自宅のレコードの持ち込みも大歓迎!もう一度あのレコードに針を落としてみませんか?
*

・「レコードができるまで」

2016.11.03 ~ 2016.11.06 (閲覧無料) @LIBRARY

横浜市鶴見区にある日本で唯一のアナログレコード製造工場、東洋化成株式会社の末広工場。
1959年から稼働する工場からお借りした貴重な原料や製造過程の資料などを特別展示。 (閲覧無料)
*

・「THE DREAM SCENE 夢想が生んだ架空のコンサート・フライヤー&ポスター展」

2016.11.03 ~ 2016.11.06 (閲覧無料) @BOOTH &カフェスペース

“あり得ないけど見たい!” そんな夢から生まれたコンサート・フライヤー&ポスター展 「THE DREAM SCENE」。
世界に熱心なリスナーを持つLAの人気ネットラジオ局dublabが企画し、各地で話題を呼んだ架空のコンサート・フライヤー&ポスター展“THE DREAM SCENE”の展示がいよいよ横浜でも実現。コンテンポラリー・アートやグラフィック・デザインで活躍するアーティストを中心に、日本各地からの参加作品も含めて多数の作品を展示します。
record-bu2
*

2016.11.03 15:00-16:30(予定)@ATELIER

料金: ¥1500 (1drink付き)
スピーカー : 原 雅明 (dublab.jp) × 柳樂光隆 (jazz The New Chapter) × bukatsudo レコード部
イベント記念に開催されるトークイベントには、循環する音楽業界の新しい潮流を生んでいるロサンゼルスの人気ネットラジオ局dublabの日本ブランチを運営する原雅明さんと、もの凄い速さで進化を続ける現代のジャズ・シーンを編集する『Jazz The New Chapter』監修の柳樂光隆さんを特別ゲストに招聘。音楽の新しい聴き方・感じ方の胚胎を鋭く捉え、その先に広がる街と音楽の可能性を見据えることの重要さを伺います。
※事前のご予約は以下サイトで申し込みください
*

・「dublab.jp ストリーミング放送」

2016.11.03のみ (閲覧無料) BOOTH

LAの人気ネットラジオ局dublabの日本ブランチ dublab.jphttp://dublab.jp/)の出張放送を行います。アナログレコードオンリーで行われるDJプレイをストリーミング配信。
参加DJ(アルファベット順):
DJ DIG-IT(from Meaters)
KOUTA (KAMOME Sound System)
UMEZO (KAMOME SOUND SYSTEM)
Wassive(A.B.E Records)
*

・「レコードクリーニング タカハシ」

2016.11.03のみ @ATELIER

Rhizomatiks Presents 「ANALOG」等のイベント出店をはじめ、各地への出張営業でも話題のレコードクリーニング店が限定出店!!
ex.海賊放送RadioFreedomFM主宰、現在リーガルなラジオ制作、イベントFM等や小規模音響などで山中レイブ、温泉などへ出没するサウンドアーティスト?タカハシマサトがアナログメディアへのフェティッシュがこうじて始めてしまったレコードの超音波洗浄小商い。もやっとしたベールが剥がれ、蘇るレコード。打ち捨てられようとしているお宝のサルベージを是非体験あれ。
[当日のメニュー]
洗浄のみコーティングなし
1.Belldream US-60V による、レコードの超音波クリーニング(新しい保護中袋付き)
(500円/1枚 12’LP,EP)
(200円/1枚 7’EP)
*

・「BUKATSUDO RECORDS 」

2016.11.03 ~ 2016.11.06 (レコード部スタッフ在中時のみ) @STUDIO脇廊下

レコードの日に販売される限定作品や、トークに参加される原雅明さんのrings / dublabのCDやレコード商品、柳樂光隆さんが解説を書かれたイギリスのBrownswood RecordingsやWarp Records、Tru Thoughts等やアメリカのBrainfeederといったレーベルのアナログレコード諸作品が聴ける試聴コーナーが限定オープン。
基本入場無料(※一部有料もあります)、ぜひお気軽に遊びに来てください。
皆さんのご来場心からお待ちしています!

*

「『音のかけら』でオーナメントをつくる!クリスマススワッグWS」

2016.11.05 14:00~16:00のみ@KITCHEN

料金:4,000円

アナログレコードの素敵な音楽を聴きながら、
『音のかけら』をReuseしたオリジナルスワッグを作ってみませんか?

https://www.facebook.com/events/734987279992019/

swag2

『音のかけら』と聞いて、みなさんは何を思い浮かべるでしょうか?『音のかけら』は、7インチのレコードを作るときにできる丸いくりぬき部分のこと。今回のワークショップでは、いつもは廃材となる「かけら」を蘇らせて、スワッグのオーナメントを作っていきます。
スワッグとはドイツ語で「壁飾り」を意味し、ヨーロッパではリースと並んで幸福を呼ぶために飾る習慣があるとか。最近では日本でもおしゃれなショップやカフェなどでよく見かけるようになりました。

教え手は、「RE:お古」「Reuse」をテーマにファッションやオブジェの制作、ワークショップなども不定期で開催しているKAIEさん。

アナログレコードをお持ちの方は、お好きなレコードをご持参いただければ、会場のBGMとして流します♫

土曜日の昼下がり、素敵な音楽とともに、世界に1つだけの手作りスワッグに挑戦してみませんか?皆様のご参加をお待ちしています。作ったスワッグはもちろんお持ち帰りいただけます◎

ウレシい「BUKATSUDO COFFEE」のこだわりのドリンク付きです!

*

なお、各展示につきまして、ご覧いただけるお時間はBUKATSUDOの営業時間に準じます。

(平日)7:00~23:00 (土日)10:00~22:00となります。

お気をつけくださいませ。

では、皆様のご参加お待ちしております!
BUKATSUDO レコード部

モドル

BUKATSUDO COFFEE

BUKATSUDO COFFEE イメージ

TWEETS

施設営業時間(年末年始休業)

月~金    7:00~23:00
土・日・祝  10:00~22:00

CONTACT

メール会員募集中
News Letter 登録フォーム
利用に関するお問い合わせ
お問い合わせフォーム
取材のご依頼・お問い合わせ
メディアお問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
045-681-2880

Rebita

Copyright 2015©
BUKATSUDO.All Right Reserved.