art is calling06_葉栗翠「戯れる。あるいは溺れる。」

横浜、神奈川やその周辺で活動する若手アーティストによる作品展示とトークイベントを1セットに、アーティストが次のアーティストをリレースタイルでつないでいくBUKATSUDO GALLERYの企画展「art is calling」。
作品を見せる側のアーティストも、その作品を間近に楽しむことができる来場者も、街中で知り合いと挨拶するようなアットホームな感覚でアートと出会え、それがゆるやかに続いていく場にしたいという思いが込められています。

次にバトンを受け取ったのは、葉栗翠さんです。

* * *

吉田ゆう

葉栗翠

葉栗さんは、昨年まで黄金町のアーティストインレジデンスに参加していました。井上幸子さんも、そして私自身も、それぞれ黄金町のアーティストインレジデンスに参加していたアーティストです。私たちは黄金町という地域を通して知り会いました。このように横浜創造都市界隈を拠点に活動しているアーティストは沢山います。
葉栗さんは黄金町アーティストインレジデンス中、海外との文化交流展にも多く参加していて、交流してきた地域、人が持つ時間の流れや場所が抱える問題など、あまり目に留まらない記憶を色鮮やかに絵画作品や立体作品など多様な表現で提示してきました。
その他にも野毛山動物園にいる動物を描いたり、2019 年の黄金町バザールでは、動物園という形式を絵画作品と展示空間を使って発表を行いました。その地域から感じた事を作品にしてきた葉栗さんに BUKATSUDO という、地域との繋がりを創出している場所で展示してもらえる事はこの art is calling が軸としている波紋のように広がるアートとの出会いにぴたりと当てはまる気がして楽しみです。

* * *

art is calling06_葉栗翠「戯れる。あるいは溺れる。」

掌にすくいあげられた水は、それが川となり、海となり、雨となり、時に私たちを襲う。その反面、私たちが生命をつなぐためには水が必要不可欠なモノである事は、誰しも異論はないだろう。私は今まで一つの現象に見える見えない、忘れる忘れないなどの相反した性質が存在することについて考えてきた。どんなモノにも、それに関わりのある事物の数だけ異なった見方がある。そして私たちはそれを真実だと思う。

この展示では何が描かれているのではなく、そこで何が起こっているのかあなたの真実を探してほしい。

 

日時:6/14(月)~6/27(日)
場所:BUKATSUDO GALLERY ※アクセスは【こちら】から
参加費:無料
※感染症対策のため、マスク着用・アルコールでの手指消毒にご協力をお願いいたします。

<オンラインイベント>
6/19(土)17:00~
BUKATSUDO Instagramアカウントから配信予定。

 

【プロフィール】
葉栗翠
横浜育ち。2009 年武蔵野美術大学油絵学科卒業。現在、中国美術学院修士課程在籍中。見過ごされている土地の記憶を手掛かりに、見えるもの見えないもの。忘れるもの忘れなれないものをテーマに作品を展開。近年は画材の持つ魅力に着目し研究を続けている。
主な個展に「沈殿」Launchpad Gallery , 横浜 (2018)、「Suicideshow」Launchpad Gallery , 横浜 (2016)。グループ展に「黄金町バザール 2020」「黄金町バザール 2019」「黄金町バザール 2018」黄金町エリアマネジメントセンター , 横浜 (2020 , 2019 , 2018)、「Koganecho in Wonderland」space 55 , 韓国 (2019)、「東アジア文化都市交流展」泉州市交通歴史博物館 , 中国(2019)、「沈殿」space ppong , 韓国(2018)等


モドル

BUKATSUDO COFFEE

BUKATSUDO COFFEE イメージ

TWEETS

施設営業時間(年末年始休業)

月~土  9:00~23:00
日・祝  9:00~21:00

CONTACT

利用に関するお問い合わせ
新規の方
会員登録済みの方
取材のご依頼・お問い合わせ
メディアお問い合わせフォーム
お電話でのお問い合わせ
045-681-2880

Rebita

暮らしの再発見マガジン のくらし

Copyright 2015©
BUKATSUDO.All Right Reserved.